Skip to main content
Search
Gaeilge English 日本語

2019年セント・パトリックス・デー、アイルランドのマイケル・D・ヒギンズ大統領からのメッセージ

2019年セント・パトリックス・デーを迎えるにあたり、Uachtarán na hÉireann(アイルランド大統領)として世界中のアイルランド人とそのご家族にご挨拶いたします。

どこで、どのような環境の中にいようとも、世界中に広がるアイルランドファミリーの一員として、アイルランドらしさ、アイルランドの文化、遺産そして歴史を共有できることに感謝し、そして一緒に祝いましょう。

また、国籍や文化の違いにもかかわらずアイルランドのナショナルデーを祝ってくださる全ての方々に対しても感謝の意を表したいと思います。

今日という日は、私たちが聖パトリックの残してくれた遺産に思いをはせる日です。聖パトリックは、生涯をかけて結束と思いやりのある調和という価値観を体現し、私たちに、何がどれだけ必要であるのか、そして、インクルーシブな視点で考え、最良の心に従い行動することによってどれだけ素晴らしい成果を生むことができるのかを教えてくれました。

この特別な日に、平等、社会正義、そして、現在も生きるために必要な最低限のものを手に入れるのもままならない状況におかれている弱い立場の人たちへの配慮、それらすべてに対する取り組みへの決意を新たにしようではありませんか。

近年では、セント・パトリックス・デーには、アイルランド国内、ここÁras an Uachtaráin(大統領官邸)はもちろん、世界中で主要な建物をライトアップなどしてお祝いをするようになりました。緑色はこのセント・パトリックス・デーはもちろん、アイルランドの歴史、アイルランドの独立に向けた闘いにも深く関係している色です。

現在、緑(グリーン)は、環境保護や、未来の世代まで美しい地球を残すための活動における課題と深く関係する言葉となりました。

現在進んでいる環境破壊をくい止めるために、グローバルレベルで決定された重要な取り決めを、私たち全員で取り組んでいかなければなりません。

私たち全員が、自分たちのライフスタイルを変えていく重要性をしっかりと認識することが肝要です。そうすることで、私たちの行動による環境への悪影響を減らすことができるのです。グローバル市民として責任を担い、地球と地球の環境を救うために個人個人が自分の重要な役割を果たしていくことが大切です。

2015年に各国政府によって決められた重要で意義深い協定を、様々な意味で成功、機能させるためには、私たち一人ひとりが、清潔で、安全でよりよい世界を築いていくために日々取り組んでいくことが不可欠なのです。

ですから、今年は、世界中の主要な建物やランドマークがセント・パトリックス・デーを祝うために緑に彩られている中、本当の意味で、よりグリーンな(よりよい)世界を実現させるために、小さくともそれぞれ自分の役割を果たす決意を示そうではありませんか。

セント・パトリックス・デーには、私たちアイルランド人は、アイルランドの文化、歌、言語を称えアイルランドのナショナルデーを祝ってくださるすべての方たちとともに、アイリッシュネスの素晴らしさをお祝いします。

世界中のアイルランドファミリー、そしてともに祝ってくれる多くのアイルランドの友人たちとつながっている今日、グローバル市民として、自分たちの責任を担う決意を示しましょう。世界中の仲間たちと一緒に、よりよい、より平等で、持続可能な世界を目指して取り組んでいきましょう。私たちの取り組みによって、いかなる形態の暴力も許さない世界、そして人道的取り組みが十分でない状態が続くことによって、世界の貧困、搾取、社会や個人の実現から除外された状態が続くということを認識できる世界を築いていきましょう。

アイルランドに住む人たち、また世界中にいるアイルランドで生まれた人たち、アイルランドにルーツを持つ人たち、アイルランドにつながりがある人たち、そしてアイルランドの友人であるすべてのグローバル市民の人たち、すべての方々がセント・パトリックス・デーを穏やかで幸せに過ごせますよう願っております。


Beir beannacht(アイルランド語で「ご多幸を」)